このエリアの見所

・ピンクラオ地区
 市街地から橋を渡ると、ピンクラオ地区となります。ここの地区にMP、古式按摩、カラオケ、カフェ、が集まっています。客層がタイ人が多いので値段も安目です。

・シリラート病院
法医学博物館(死体の標本が展示)があります。タイではシーウィーと言います。入場料は無料です。プラ・チャーン船着場(ター・プラ・チャーン)から渡し舟で行くのがいいでしょう。

 「写」の上にマウスを載せて下さい。
  写真が現れます。
・国立博物館
入場料40B 9:00−16:00(月火祝休)先史時代の土器や遺物、王室と仏教の歴史的美術品が展示されています。


     ピンクラオ 王宮北側周辺    
       
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
 
   
   
   
   
   
   
 
 
 
   
   
   


 
 
 
   
   
   
   
 
   
 
   
   
 
   
   
 
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
   
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
 
 
 
 
   
   
 
       
     
  (C)2005www.e-guide-books.com All Rights Reserved  無断転載禁止