このエリアの見所

・ワット・プラケオ
歴代の国王を祭る王室守護寺院である。別名(エメラルド寺院)と呼ばれる。これは本堂に安置されている高さ66mの本尊がエメラルド色に光り輝くことに由来します。
入場料はかなり高く、200B
8:00−15:30 王宮行事は休み
入場の際に服装のチェックがあり、ノースリーブ、タンクトップ、ミニスカート、半ズボンは入場不可となります。
 
 「写」の上にマウスを載せて下さい。
  写真が現れます。

・ワット・ポー
別名「涅槃寺」、本堂には巨大なお釈迦様が寝ています。敷地内にはタイ・マッサージの総本山となる「ワット・ポー・マッサージ学校」があります。30分180B、1時間300Bでマッサージができます。
8:00−17:00 入場料 20B 

・ワット・アルン
アルンとはタイ語で暁という意味になります。朝日を浴びた姿が神々しい姿が名前の由来となっています。日本語で言えば「暁の寺」、三島由紀夫の豊饒の海第三巻「暁の寺」に登場します。
塔は壮大です。夜もライトアップされて美しい。
6:00−18:00 入場料 20B

・チャン船着場からティアン船着場まで、マハラート通りはゴザを敷いてガラクタを売っている人たちがたくさんいます。これで生活していけるのか?と心配になってしまいます。



    王宮周辺 周辺    
     
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
 
   
 
   
 
   
   
       
     
  (C)2005 www.e-guide-books.com All Rights Reserved  無断転載禁止