このエリアの見所

スクンビット、シローム等の賑やかな場所からから、このエリアに入ると街の雰囲気が変わります。そう、ここはチャイナタウンです。街も建物も古臭く、看板にも漢字が見られます。中華料理の食堂、寺院もたくさんンあります。ここを歩いているとタイにいることを忘れてしまいそうになります。タイではここを「ヤワラー または ヤワラート」と言います。
 

 「写」の上にマウスを載せて下さい。
  写真が現れます。
曲がりくねった道、規則性のない街割り、似たような建物。方向音痴の私はいつも自分が何処を歩いているかわからなくなってしまいます。皆さんも迷子にならないように気をつけて下さい。
・ 泥棒市場
  狭い通りに工具、玩具、偽高級腕時計、VCD、電気製品、生活雑貨等を売る屋台とお店がびっしりと並んでいます。いつ行っても人があふれていて歩くのに苦労します。なにも買うつもりが無くても見ているだけで楽しくなります。あとで考えると、どうでもいいようなものを思わず衝動買いしてしまうこともあります。でも、金額の大きいものは売っていないのでお土産に何か買って帰るのも良いとおもいます。一見の価値有りです。

・ サパーン・レック
運河に蓋をして、その上に商店街を作ってしまった商店街。売っている品物はファミコン、ファミコンソフトが中心です。細い運河の上に無理やり商店街を作ったので人とすれ違うのもやっとです。ファミコンが好きな方は行ってみて。

・サンペーンレーン
人がすれ違うのもやっとの細い道の商店街が1km以上続きます。アクセサリー、服、布生地が中心でしょうか。見て歩くだけでも楽しい場所です。



    ヤワラー地区    
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
 
 
   
   
   

 
 
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 
 
   
   
   
 
   
   
 
   
   
   
 
   
   
 

 
   
   
   
 
   

 
   
   
 
   
   
   
 
   
 
   
 
   
   
   
 
 
   
     
     
  (C)2005 www.e-guide-books.com All Rights Reserved  無断転載禁止