●フードコート

バンコクではタイ料理、日本料理、世界各国の料理を取り扱うレストラン、シーフードレストラン、お酒をメインとした居酒屋等がたくさんあります。高級レストランから屋台まで、星の数ほど店が存在します。とても、このページだけでは紹介しきれるものではありません。
  今回は安く、清潔で、たくさんの料理の中から自分で好きな料理が選べる事が出来るフードコートを紹介したいと思います。

●フードコートの長所と利用方法
タイのデパート、ショッピングセンターには屋台のような店が集まったフードコート(フードセンター)があります
麺類、タイ料理、ご飯、雑炊、中華、海鮮等たくさんの店が並んでいるので好きな料理を選ぶことが出来ます。
あまりにも種類が多く、全部が美味しそうなので選択するのに迷ってしまいます。

・店の前にはサンプルが並んでいるので指差せば、店員もわかってくれます。
  クーポン制なのでチケットの束を渡せば購入分だけちぎって返してくれるので支払いも簡単です。
  タイ語が全く話せなくても問題はありません。

・高級レストランでは一人の場合は浮いてしまいますが、 ここには一人で食べに来る人が結構います。 一人で来ても、彼女と一緒に来ても全く浮くことはありません。

・料金は街中の屋台よりも同等か若干、高いぐらいです。
  街中の屋台は衛生面で心配。と思っている方も抵抗が無いと思います。 


利用方法

1.クーポン売り場でクーポンを買います。100B分を購入します。100B分あればお腹いっぱいになりますので100Bで十分だと思います。
  プリペイド方式の場合は自分のお腹と相談して、キャッシャーで必要分をチャージしたカードを手に入れます。

2.各店の前にはサンプルが置いてあるか、写真が表示してありますので、指差しでオーダーで自分の好きな料理を購入していきます。
   数分で料理が出来ます。チケット、またはプリペイドカードで支払いをします。料理を受け取ったら空いてる席に移動します。

3.食べ終わったら食器はそのままでOK。チケットが余ったらクーポン売り場で払い戻しをします。
 (MBKは専用の払い戻しカウンターがある。)
  プリペイド方式は残高が余っても、次回も継続して利用できます。次回、必要分をチャージしましょう。


MBKのカーオ・マン・ガーイ
(ゆで鳥ご飯)  
エンポリアムで食べた雑炊 エンポリアムの様子
     
エンポリアムからの景色 ロータス、カルフールのほとんどはプリペイドカードを使用しています。
残高が少なくなっていればここでチャージしています。
庶民派ロータスのフードコートの様子

 
 


バンコクの代表的なフードコート
店名 場所 営業時間  
MBK  6F

サナーム・ギラー・ヘンチャート駅

10:00-21:00
サイアム・パラゴン 1F サイアム駅 高級なフードコート  
エンポリアム 5F
プロンポン駅 11:00-21:30
ビッグC 各店 支払いはプリペイドカード方式を採用している店が多いです。しかし、店が違うと利用できません。発行した店でしか利用できません。
営業時間は各店によって違います。夜は20:00ぐらいまでには行った方がベター。食材がなくなり次第、各料理店は店じまいをしていきます。
ロータス 各店
ビッグC EXTRA 各店