●博物館
バンコクにはたくさんの博物館があります。しかし、中には「これが博物館?」と言いたくなるような規模の小さなものまであります。
ここではある程度、規模が大きな博物館を紹介します。
王室御座船博物館

9:00−17:00

30B 写真撮影料100B

バンコク・ノーイ駅

バンコク・ノーイにある王室専用の伝統的な船を保管するドッグ。国王専用の御座船「スワンナホン」は全長46mあり、ラーマ6世の時代に造船された。船首には伝説の鳥が飾られている。この船は50人のこぎ手をひつようとし、現在も国家式典に実際に使用されている。
国立博物館

9:00−16:00 月火祝休

40B

王宮広場

収蔵品は1000点以上。先史時代から近代までの芸術品が年代を追って展示されている。館内は撮影禁止。
建物は元は副王の宮殿で、歴史的建造物である。ラマ5世時代に副王制度が廃止され1887年に王宮内にあった博物館を今の場所に移転した。
国立美術館

9:00−16:00 月火祝休

30B

王宮広場
ヨーロッパ風の現代的な絵画が揃う。タイ人の芸術家による近代、現代の絵画を中心として展示されている。プミポン国王の作品も展示されている。
死体博物館
(シーウィー博物館)

8:30-16:30 土日祝休

40B
トンブリー

チャオプラヤー川の対岸トンブリー地区にある、シリラート病院では研究室や資料室を博物館として一般に開放している。解剖学博物館、タイ薬学歴史博物館、法医学博物館等、6ケ所の博物館がある。その中で一番の見所が法医学博物館(別名シーウィー博物館)であろう。犯罪者の遺体、何らかの形で法医学の鑑定が必要だった遺体の展示がしてある。シーウィーとは1950年代に5人の幼児を殺して食べたとされる人物。シーウィーの死体が展示されていることからタイではシーウィー博物館と呼ばれる。法医学博物館は外科病棟の2Fにある。敷地内には案内図があります。法医学博物館以外の博物館は入館料は無料。
科学博物館

8:30-16:30
月休 

大人20B 子供10B

エカマイ
エカマイバスターミナルの隣にある。科学博物館がメインだが、プラネタリウム、水族館がある。いずれも規模は小さいが、全敷地は広く、飛行機や月面着陸船などが外に展示してあります。中庭には売店もあり、軽く食事も出来る。
プラネタリウム
(火〜金 11:00〜、14:30〜
   土日 10:00〜、13:30〜 )