癒しを求めて三千里さんのバンコク旅行記

癒しを求めて三千里です。
旅行記を投稿したいと思います。

バンコクへの訪問は仕事を抜きにするとこれが3度目になります。
オイラ、とある国にて駐在員をしてまして、その国が又いわゆる夜遊びが無い、又はする気が起こらない国でして、2年近く駐在をしてるんですがそろそろ我慢の限界。ってことでバンコクへ憂さ晴らし旅行に行ってきた次第です。

2011年8月14日朝スワナムンプーム国際空港着。
ワクワク気分で空港を出る。
流石に暑い!ジメジメした暑さは日本の夏を思い出させますね。
取り合えず一服して、今後の計画を適当に練る。
空港の従業員っぽい人にシャトルバスの場所を尋ね、シャトルバスが止まる所まで歩いていく。
シャトルバスの行き先が分からないので、バスの運転手にスクンビットまで行くか聞いてみる。
大丈夫だ!的な事を言った気がするので乗ってみる。
シートが薄くてケツが痛い!こんなんで市内まで行くのやだなぁ。タクシーにすればよかったなぁ。
なんて考えていると5分も走らないうちに到着!(驚)
え?んなアホな・・・何だここ。
どうやらここが各所行きシャトルバスの停留所で、今まで乗ってたバスは空港からこの停留所までの運行だったらしい。前に来たときは、そんなシステムじゃなかった気がするが。
バンやらバスやら一杯停まってるので、片っ端からスクンビット行きのバスを探す。
1つのバンが、どうやらスクンビットまで行ってくれるらしいので乗り込む。
途中、周りに何にもない場所に人が立ってて、何してるんだろうと思っていたら、バンに乗り込んできた。どうやら客らしい。
オイラを除き、最後の人が降りた時に運転手が
『スクンビット?』
と聞いてくるのでそうだと答えると
『Here』
というので25バーツ(位だったと思う)を支払って車を降りる。
スクンビットってこんな所だっけ。
なんか違う気がするなぁ。なんて思いながら200m程先に見えるBTSの駅へ向かう。
オンヌットって書いてある。
スクンビットじゃねぇ!!!
くっそー。騙された。
しかしよく思い出してみるとあのバンって確かBTSなんちゃらかんちゃら(タイ語)って書いてあったな。
BTSの最初の駅までだったのかもしれない。
よく考えてみればこの通りってスクンビット通りだし。スクンビットって言えばスクンビットだ。
まぁ要するに自分が悪い。
しょうがないからオンヌット駅からアソーク駅までBTSにて移動。
そこから歩いてホテルまで行くことにする。確かホテルはSoi33にあるLOTUSってホテルだったな。
・・・結構歩くな。インターネットで調べた地図では結構近かった気がするが。
しばらく歩いてやっとSoi33を見つけてホテルにたどり着く。

チェックインして時計を見るとまだ朝の8時過ぎ。これじゃマッサージ屋もやってねぇな。
お腹も減ったし屋台で飯でも食おうと外に出る。こんな朝早くからでも屋台は出てるんでうれしいですね!
牛肉入りライスヌードル30バーツ(旨)を頂き、ホテル近辺を散策。
飽きてきたので噂のMP(行った事無い)の下見に行こうと決め、地下鉄スクンビット駅に乗ってラチャダーピセーク駅まで行く。
インターネット(バンコクガイドブック)で調べた結果、初心者はラチャダーピセーク付近のMPがいいって書いてあった。
しかし駅を降りて探せど探せどそんな感じの建物は無い。
一切無い。
 なぜだ! 坊やだからさ。
そういえばバンコクガイドブックには、ラチャダーピセーク通りって書いてあった気がする。
駅名じゃないのか・・・通りだとすると一つ違いの駅かもしれない。
もういい。今日は日曜日だし、チャトチャック市場にでも行こう。
ラチャダーピセーク駅に戻って、チャトチャック駅まで地下鉄で移動。
チャトチャック市場で、バッグとその他諸々お土産を購入。
時間を見ると11時。
そろそろMPが開店する時間(バンコクガイドブック情報)先程行ったラチャダーピセーク駅周辺には何も無かった。
一つ先の駅で降りてみよう。
再び地下鉄に乗り、スティサン駅へ行く。
またか。駅周辺には何も無い。
無いではないか!!!(涙)
おかしい。おかしいぞ!!インターネット情報(バンコクガイドブック)では確かに・・・
だがオイラは諦めない。こんな事では挫けない心を持ってるんだ!(恥)
歩こう。歩いて探そう。とことん歩いてやる!ラチャダーピセーク通りをひたすら歩く。歩いていく。
なんだか見たことある風景だ。まぁ同じ通りだしな。
でもこの店なんか見たことある気が・・・
そして、ついに、やっとラチャダーピセーク駅に到着!
っておい!!!!(怒)
くそぅ・・・こうなったら最後の手段・・・
「ヘイタクシー!!!」
最初からそうしろよなんて言わないで。
だってインターネットに載ってたもの。タクシーで行くと自分の契約してるMPに無理矢理連れてかれるって・・・
でもそんなこと言ってる場合じゃない。オイラの足は限界だ。変なMPに連れてかれてもそれはそれでいい!
ここは取り合えず日本人に大人気(インターネット情報)と噂のナタリーという名前を出しておこう。
オイラ『ナタリーな。ナタリー。』
運ちゃん『OK!OK!』
最初からこうすりゃ良かったんだ。
意気揚々とタクシーに乗り込み、走り出してすぐに
運ちゃん『ナタリー?』
この野郎・・・オイラ『マッサージパーラーだ!マッサージ!ユーノー?』
運ちゃん『マッサー!マッサー!OK!OK!』
・・・30秒後・・・
運ちゃん『ナタリー・・・ナーターリー・・・』
こいつ・・・
知らねぇな・・・(汗)

運ちゃんが誰かに電話を掛けて場所を探し始めた。
この運ちゃんダメダメだけどいい奴だ。
電話でも苦戦している様だ。
何言ってるかサッパリ分からんけど。どこにあるんだろうなーなんて外を眺めていると怪しいネオンが。
あの看板それ系っぽいなぁ。エマニュエル?って名前もそれっぽいなぁ。
隣もそれっぽい。ナタリーか。
ナタリーあった!!!!(嬉)
オイラ『Look at that!』
運ちゃん『ナタリー!』
運ちゃんより先に見つけたった!
やっと・・・やっと辿り着いた!
時間を見ると12時半。
ナタリーにワクワクしながら入店!
兄ちゃん『30ミニッツ。ソーリー』
ぬぅ。1時からなのか・・・
周りにもMPがあるのでそっちを見て回る事にした。
しかしどのMPも姫少ねぇ・・・
て言うかめっさ近くに駅あるし。
フアイクアーン駅。ラチャダーピセーク駅の二つ手前で降りれば良かったのね。

ナタリーの前で出勤してくる娘を見ながらタバコを吸う。
ええ・・・ちょっと・・・可愛くない?
普段色黒不潔な○○○人の女しか見てないオイラの目が腐ってんのか?
驚いているとナタリーの兄ちゃんが手招きしている。もう入店出来るらしい。
12〜13人程在籍しているのが見える。
もっと増えるよ見たいな事言ってたので少しゆっくりしようとビールを注文。
大瓶150バーツ。
飲んでいるうちに続々と女の子が増えていく。同時に客も増えていく。皆日本人。
(お前らこんな朝っぱらから暇人だな。まぁ俺もだけど。)なんて思いながらビールを味わう。
ていうかさっきから激烈視線と笑顔攻撃してくる娘が。
あれってなんだかどうしていいか分からなくなりますね。可愛いし。
でもぽっちゃりだからNG。ごめんね。どうせならスタイルもいい娘がいい。
ビールも飲み終わって本格的に品定め。金魚鉢内が2,000バーツ。外にいる娘が2,300と2,600バーツ。
隅に居る2〜3人は4,000〜6,000バーツ。
基準は歳っぽい。隅にいる娘は別段可愛くも無いのだが高い。でもマニアっぽい日本人が一人連れてった。あんたも好きねぇ。
自分は純粋に顔、スタイル、ノリの良さで決めました。2,300バーツで顔、スタイル、ノリ共に良し!
カウンターで支払いを済ませ、500バーツを100バーツ札に両替(飲み物の為。ちゃんと予習済み!)
部屋に案内され、飲み物を注文。ちょっとボロイけど○○○に暮らすオイラにとっては上等な部屋。
飲み物が来るまで結構かかるんですね。いちゃいちゃしながら待つ。
飲み物が着たら服を脱ぐ!さあお前の裸を見せてみろ!ぐっへっへっへ(涎)
ん?なんかお腹が皺くちゃ・・・そうか。出産済みってことか。それで2,300なんだ。
ちょっと萎えたけどまぁそこは溜まりまくった鬱憤がありますから洗ってもらいながら元気に。
キスNG 生尺OK サービス△ 顔○ スタイル△
一発目だしまぁいいや。MPって所を堪能出来たしな!ってことで初MP無事終了〜

ホテルに帰る前に歩き疲れたのでフットマッサージ!コレ大好き。めっさ気持ちいいですよね!
1時間熟睡でした。起きてサッパリ足も軽い!チップ100バーツ渡したら喜んでました。
ホテルに戻ったら16時過ぎ。一寝入りして夜に備えることにする。
18時位に目が覚める。腹が減っては戦は出来ぬ。日本食店にて腹ごしらえ。寿司食べたけどあんまり旨くなかったなぁ。シャリ固めすぎ。
腹も溜まったのでナナGOGOへGO!レインボーにいい娘が揃ってるというインターネット情報を事前にゲットしていたが、片っ端から除いてみる。
レインボーは確かに可愛い娘揃ってるけど何か一押し欲しい。
G-SPOTという店を除いてみると、なんと女の子皆トップレスで踊ってるじゃありませんか奥さん!不細工も多いけど可愛い娘も居るので、取り合えずビール一杯飲もうと入店。
暫くしてダンサー入れ替えタイム。すると一人際立って可愛い娘が・・・
『かわいいなちくしょー』なんて呟きながら飲んでると、オイラの視線に気が付いたのか、これまた男心をくすぐるかわいい仕草でアピール!ちょっと首を傾げたり、ポールを使って隠れたり。
天然なのか狙ってるのか・・・『かわいいなこの野郎!!!』なんて一人で大声出しちまった。
スタイルも最高!細くて巨乳!乳首は・・・ん?
乳首ナクネ?(驚)
違う!ニップレスしてやがる!
こんのやろう・・・
剥がしてぇ。あれ引っぺがして乳首見てぇ!(恥)って事で手招き手招き。
近くで見てもかわいい!ニップレス引っぺがして見た乳首もかわいい!程よい大きさ!
辛抱溜まらん。ペイバー600、ショート2,000で頂マース!
着替えを待ってる間にウェイトレスがチップチップうるさいのなんの。
『なんでてめーにやんなきゃいけねぇんだ!』って
日本語で言ってやった
らめっさ睨まれた。
不細工ウェイトレスはほっといて3Fのホテルへ直行。
キスOK ゴム尺 サービス◎ 顔◎ スタイル◎
でも姫が一言
『早い』(笑)

てんめー!そんだけかわいくてスタイルも良くてサービス◎だったらしょうがねぇだろ!なんて思いながら照れ笑い。
しばし雑談してホテルを出る。バイバーイ!手を振ってお別れ。
さてどうしようかな?なんて迷ってたら姫が戻ってきて
『アナタ!チップ!』
ぶっ!危うくタダ乗りする所だった。

超満足出来たので2,000プラスチップ300バーツ上乗せで上げて今度こそバイバイ!
さて。まだ時間も早いし違うお店を探す。また片っ端から店を覗いて行く。
面白いお店発見!店名忘れたけどバスタブがあって、ダンサーが素っ裸にで隠して踊ってる!
なんだこりゃ。タイってこんな面白い所だったっけ。
取り合えずビール一杯。もちろんバスタブの真ん前に陣取る。
可愛いとは言い難いが、愛嬌のある顔のダンサーが踊りまくってアピールしてくる。

一杯奢って上げる。でもペイバーペイバーうるさくなって来たのでチップ200バーツ上げてリリース。時間を見ると22時半。こりゃイカン!オイラカラオケに行って歌いまくる予定だった。確かホテルの近くに数件あったのを思い出してホテルまでタクシーで行く。
何件か覗いて見たけどあんまり可愛い子いない。
でも歌歌いたいしなぁ。(オイラの住んでる○○○は当然カラオケなんて物もないから飢えてるのです。)
しょうがないから適当に選んで歌うことにする。【女の子】って名前の店だったと思う。
日本語、英語が話せるというカラオケ嬢を選択。近くで見ると結構老けてるな。
27歳と言ってたが本当かどうか怪しいもんだ。
まぁいい。オイラは歌いに着たんだ!酔いも回ってきて延長し、たっぷり2時間歌ってやった!
古い歌しかなかったけどどうせ新しい歌なんか歌えないオイラには関係ない。
途中からディスコの話で盛り上がって無性に行きたくなってしまった。
で、一緒に行こうって事になった。ペイバー、レディードリンク含め、2,400バーツ。
高くね?ていうかペイバーって何。
あ。そうか。ディスコ行くのにペイバーって事になるのか。なんか騙された気がするが、まぁいい。しかし金がない。
あれ?金がねぇ!!!
400バーツ足りねぇ!!!
『Where can I exchange?』
『No place to exchange in this time.』
なにぃ!
『ニホンエンOK! 3,000バーツネ』
1万円が3,000バーツってことか。フザケンナ!!!
確かオイラ3,800バーツで替えたぞ!!!
なんとか交渉して3,400バーツまできた。
まぁ金用意して無かったオイラも悪い。これでいいか。

ディスコに行ってパーっと踊ろう。ディスコまではタクシーで5分ほどだった。
レディースデイとかで女性は無料だった。ラッキー!
ビール飲みながら踊る踊る踊りまくる!
ノリノリの金髪欧米系ねーちゃん達も一緒に踊る踊る歌う踊る!
冷めてる日本人おじさん達も無理矢理踊らせる踊る踊る騒ぐ脱ぐ(嘘)
そんなこんなであっという間に3時。流石に踊りっぱなしで疲れてきたので帰る事にする。
今日もう2発抜いてるのに。そして踊りまくって疲れてるのに。なんでかJrがやる気満々。
ファイトー!イッパーツ!
キス○ 生尺 顔△ スタイル○ サービス○
朝方5時に帰ると言って起こされる。
嬢『あなた。チップ3,500バーツ。』
あ!やべ。バーツねぇよ。
オイラ『Japanese Yen OK?』
嬢『How much is it?』
オイラ『3,800バーツ』
嬢『OK』
1万円払って寝ようとすると、明日17時に来ると言う。そういえばそんな話もしてた気がする。
眠くて面倒くさいのでOKOKと返事して寝る。両替はちゃんとして置くべきですね。合計700バーツ損してる。
翌日9時に起床。夜には空港に行って帰る予定。

ホテルの朝飯はビュッフェスタイルで味も中々イケテル。ちょっと食いすぎた。
フットマッサージに朝から行きたかったけど、10時前は何処も開店してないですね。
朝っぱらからフットマッサージ行く人なんていないか。
散歩でもしようと適当に歩き回る。メイン通りと逆の方を適当に歩いていると開店してるマッサージ屋が。フットマッサージが良かったけど全身しかない。オイルとかローションとか。
ローションマッサージ1.5時間を選択。700バーツ。
部屋に案内されると薄暗い部屋にベッドとシャワーが。
これってもしかしてソッチ系?
はい。ソッチ系でした。 昨日たっぷり寝たので眠くもならないし、なんかサワサワしてくるしでJrが起っき。1,500バーツ追加で全部と言うので、
ファイトー!朝からイッパーツ!
キスNG ゴム尺 顔△ スタイル× サービス△
まぁこんなもんだろうな。ていうかソッチ系なら女選ばせろと。

お腹すかす為に更に散歩を続ける。朝のソイカウボーイなんかも行って見た。
全く違う顔で面白いですね。普通にその辺の路地裏って感じ。
Fujiスーパー近くのラーメン屋で昼飯食べて今度こそフットマッサージへ。
1.5時間御願いし、又も爆睡。
やっぱフットマッサージ最高!全身マッサージだと寝れないもの。
15時過ぎにホテルへ戻る。18時チェックアウトの予定にしていたが、それじゃカラオケ嬢が来てしまう。16時にチェックアウト。MP寄って空港へ向かうことにする。
16時チェックアウトしたお陰でハーフデーチャージされなくて済んだ。ラッキー!

地下鉄に乗り込み、フアイクワーン駅へ一っ飛び!
周囲のMPを見て回るが、やっぱりナタリーが一番。シーザーって所はめっさ綺麗な建物だけど女の子少なすぎる。
いいなぁって思った娘も日本人に持っていかれたし。てことでナタリーへ舞い戻る。
ノリ、顔、スタイル共に良い娘を選ぶ。2,600バーツなんで、昨日見たいなお腹シワシワなんてことはないだろう。
日本語、英語共にカタコトでしたが、身振り手振りで一生懸命話してくれる。
オイラも一生懸命身振り手振りで話する。
伝わっているのかイマイチ微妙だけど会話は成立しているみたい。
服を脱がしてみるとお腹のシワシワは無い。やっぱり2,300てのは何かしら理由があるってことかな。
湯船で体洗ってもらうのってなんだか贅沢な気分になりますな!
そんなこんなで
ファイトー!最後のイッパーツ!

キスOK 生尺 顔◎ スタイル◎ サービス◎
全てにおいて最高でした。
ナタリーのすぐ外でタクシー拾って空港へ。220バーツ。
やっぱりタイはいい!スゴクいい!5発2日の旅でした。また機会があれば訪れたいです。

長文飽きずに読んでくれた人に感謝