■ホテル情報
 ホテル一覧表
■基本情報
 広域 マップ
 フアヒン マップ A
 フアヒン マップ B
 チャアム マップ
■基本情報
 フアヒン/チャアムについて
 フアヒン/チャアムへの行き方
■観光情報
 お勧め観光スポット
LINK
 
 
おもな観光施設と見所
【マルカッタイヤワン宮殿-Marukhathaiyawan Palace】 MAP A2
 ラマ6世が1923年に建立。ヨーロッパとタイの建築様式の両方を取り入れた、イタリア人デザインの高床式の宮殿。王族の避暑地として利用された。
  広い敷地と建物は隅々まで手入れがされている。各建物の床と渡り廊下は上質のチーク材のフローリングで磨きこまれていて美しい。浜辺へも長い渡り廊下から直接行けるようになっている。建物の中は王族が暮らしていたそのままの様子、王室の関連品の展示と歴史が紹介されている。建物の中でタイ楽器の楽団演奏が行われており、吹き抜ける涼やかな風にあたりながら聴くと気持ちが良い気分になる。

入場料 200B  8:00〜16:00 
【カオ・タキアップ-Khao Takiap】 MAP B4
  フアヒン中心街より南約10kmに位置。海沿いにある丘には立仏像、寺院がある。山からの海の眺めはすばらしい。寺院には野生のサルの群れがいる。タンブンとして落花生(20B)を購入してサルにあげるのも楽しい。ふもとの海には小さな漁港があり、シーフードレストランもある。そこでは新鮮な魚介を海を見ながら楽しめる。

入場料 無料  頂上の入場ゲート 9:00〜17:30

 
【ビーチ】
  両町の最大の娯楽はビーチである。ビーチにはパラソルが並び、バナナボートや乗馬もできる。別に泳がなくてもパラソルでビールを飲んで、読書、昼寝等でゆっくりと過ごして日頃の疲れを取るのも良い。
  フアヒンのビーチ(写真左)は、白人観光客で賑わっている。ゆっくりと落ち着いて過ごしたいなら、お勧めは平日のチャアムビーチ(写真 中 右)である。美しい白浜が続くビーチは観光客は少なくとても静かである。贅沢な時間を過ごせます。

 
【サバイバルゲーム-SURVIVAL GAME】 MAP A3 (写真) MAP B3
 チャアム周辺にある。グループで来た場合に利用してみよう。
玉はBB弾。ライフル、防護服のレンタル可。

BB弾では物足りないという方には射撃場があります。(写真右) MAP A3

22口径 銃レンタル300B 弾7B/1発
38口径 銃レンタル400B 弾12B/1発
他9mm、45口径 ライフル有り
開館時間 9:00-17:00
 
【クライカンウォン宮殿-KLAI KANGWON ROYAL PALACE】 MAP-A- B1
 宮殿は1926年ラマ7世によって、Rambai Barni女王の為に建てられました。 宮殿の名前は"Far From Worries (心配事とは無縁)"がつけられました。 宮殿はスペイン式建築で、植物の種類も多く、手入れの行き届いた美しい庭です。 以降夏の避暑地の宮殿としてラマ7世と女王に利用されました。 現国王のラマ9世プミポン国王とシリキット女王とご家族が頻繁に滞在されています。

開館時間 9:00-16:00
※タイ王室の滞在中は宮殿内は一般公開されません。

 
 
   
(C)2008 http://www.e-guide-books.com/hhq/