■ホテル情報
 ホテル一覧表
■基本情報
 カンチャナブリーについて
 カンチャナブリーの行き方
■観光情報
 泰緬鉄道
 博物館・歴史公園

 自然
  (滝 洞窟 自然公園 温泉)

 お勧め観光スポット
LINK
 
 
 
自由気ままの郊外周遊にはレンタルバイクはお勧めです。

レンタルバイクはゲストハウスが集まるMae Nam Khwae RDに数件あります。 (MAP-A1〜B1



郊外行きバスはバスターミナルから出発しています。(MAP-C2



おもな観光施設と見所
 
【タイガーテンプル-Wat Pa Tabua Yanasampanno】MAP-B2
十数頭のトラたちが僧侶と暮らす仏教寺院。日本のテレビでも紹介された事がある。観光客は10mほど離れた場所から虎が自由に歩きまわる様子を見学できる。特に人に慣れているトラに撫でさせてくれることもある。

9:00-16:30 200B  URL
 
【ワット・タム・マンコントーン-Wat Tham Mangkon thong】MAP-C3
境内の左側にある深さ2.5m、直径6mのプールに、白い袈裟を着た尼(メーチー)が水に浮かびながら、さまざまなポーズをとり修行に励む姿が見られます。日本のテレビでも気で水の上に浮かぶ不思議な尼さん、と紹介された事がある。

カンチャンブリーより5km バスNO.8191 所要時間20分
 
【サファリパーク-Safari Park】MAP-C3
ボー・プロイ村のそばにあるサファリーパークではライオン、トラ、熊、キリン、シマウマ、大型哺乳類がいます。動物ショーも開催されています。

9:00-18:00 120B
 
【ボー・プロイ-Bo Phloi サファイア採掘場】MAP-C2
ボー・プロイはブルーサファイアの採掘地と有名で、サファイア採掘地がある。町には宝石店も多数ある。
 
【モン族の村&モンブリッジ Mu Ban Mon & Mon Bridge】MAP-A1
カンチャナブリーから約230km、サンクラブリ郡、カオ・レーム・ダム湖の北西に位置する。1000世帯以上が生活している。
 
  モンブリッジはタイ最長の木造橋で、モン族出身のウッタマ師を讃える為に建設されました。夕方には夕焼けに溶け込む景色がすばらしい。

カンチャナブリーからはNO.8203で4時間
 
【ワット・ワン・ウィワッカラーム-Wat Wang Wiwekaram】MAP-A1

モン族はもちろん、タイ人、カレン族、ビルマ人から尊敬されているモン族の僧侶ウッタマ師によって建立されたサンクラブリで最も重要で大きな寺院。
  以前はカオ・レーム・ダム湖の場所にあったが、建設の代償として湖を見下ろす丘に建てられました。仏塔はインド式で本堂には大きな大理石の仏像が安置されています。寺院内にはミャンマー人が宝石、本、織物、陶器等を売っている。

 

【スリー・パゴダ・パス(チェディ・サーム・オン)-Three Pagodas Pass(ChediSam Ong)】MAP-A1

サンクラブリーから北へ22km、ミャンマーとの国境に3基の小さなパゴダ(仏塔)が並んでいる。タイでは上座部仏教はここを通ってやって来てタイに広まったと信じられている。パゴダはアユタヤ時代にビルマ軍が侵攻した証を残すために建てられた。ビルマ軍に立ち向かったアユタヤ王朝のナレスアン王、チャックリー王朝初代王ラマ1世の英雄がここを訪れた。第二次大戦中は日本軍が英領インドへ侵攻する為にここを通った。のちに物資輸送の為に敷設した泰緬鉄道はミャンマーへと続いていた。
 
【スリー・パゴダ・パス国境】MAP-A1

ミャンマー側に一時入国することが出来ます。ただし国境から2km先まで。
ミャンマー国境には小さな市場があるだけです。
パスポートにはスタンプは押されません。

ミャンマーの情勢は不安定なので突然国境を閉じることがあります。また、必要書類、越境の方法も変更になることがあります。ミャンマーへ一時入国したい方はカンチャナブリーのTATで状況確認が必要。

 
   
(C)2007 http://www.e-guide-books.com/kcn/