■地図
街中心部 A
街中心部 B
ルアンパバーン地図
  ラオス地図
 
■ホテル情報
  ホテル一覧表
 
■基本情報
ルアンパバーンについて
ルアンパバーンへの行き方
 
■観光情報
お勧め観光スポット
 
LINK
 
 
ルアンパバーンの観光名所
 

ナイトマーケット Night MarketMAP-a-B2-C2

 毎日18時頃から22時頃まで車両通行止めになったシーサワンウォン通りにはテントが張られ観光客向けにナイトマーケットが開催される。
  服飾、アクセサリー、織物、工芸品、骨董品等が中心で沢山の店が出店し、多くの観光客で賑わう。値段は交渉制。
 
 
朝市と托鉢 Morning MarketMAP-a-B1
 毎日、早朝から午前中にかけて、国立博物館脇の通りに露天が集まる。野菜やメコン川で取れた魚が並ぶ、中には蛇、こうもり、ねずみ、蜂の巣等変わった物も並んでいる。
  托鉢は毎朝5時ぐらいから各寺院の僧侶達が町を歩いて托鉢を行う。各寺院の前には喜捨を行う信者達がご飯を持って並んでいる光景が見られる。中には白人の姿もちらほらと見える。喜捨用のご飯も売られており喜捨が観光化されつつある。
 
ワット・シェントーン Wat Xieng ThongMAP-b-C1
ラオスの寺院の中で最も美しいといわれるお寺。1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立された。 屋根が軒に向かって低く流れるように作られている。本堂裏の壁面には、有名なモザイク画「生命の樹」が施されている。

開場時間  7:00-18:00    料金 20,000kip
 
ワット・マイ  Wat Mai MAP-a-B1
  五層屋根のルアンパバーン様式の寺院は1796年に建立された。本堂の壁面に、釈迦の説話、古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』をモチーフにした黄金のレリーフが施されている。

開場時間  8:00-17:00  料金 5,000kip (境内だけなら無料)

 
プーシー Phu Si HillMAP-a-C2
  王宮博物館の向かい側にある100mほどの小山。麓から頂上までは300段以上の石段が続いている。頂上には1804年、アヌルット王によって建立されたタートチョムシー と呼ばれる仏塔がある。市内の眺望を楽しめる。


開場時間 6:00-19:00   料金 10,000kip
 
王宮博物館 Royal Palace MuseumMAP-a-C1
 フランス植民地時代の1904年に当時のシーサワンウォン王とその家族の宮殿とし て建てられた。現在は博物館として開放されている。王宮として使用していた当時の調度品や世界各国からの贈呈品や黄 金仏などが展示されている。玉座があるホールは壁一面に施されたモザイク画が美しい。日本から取り寄せた色ガラスによって作られている。

開場時間 08:30-11:00 13:30-16:00  入場料 30,000K  休日:火 
※館内は撮影禁止  短パン、ミニスカート、ノースリーブ等、露出度の高い服は入場不可   荷物はロッカールームに預ける
 
薬草サウナ RedMAP-a-C1
 赤十字病院の2階に薬草を焚いたスチームサウナがあり、地元の人たちで賑わっている。料金を払うと腰に巻く布とロッカーキーをもらう。更衣室で着替え荷物、洋服をロッカーにしまう。タオルは買うか用意していく。サウナ室は男女に分かれており、内部に照明はなく、スチームも濃いので視界はまったくない。休憩スペースには薬草茶が準備されていて自由に飲むことが出来る。マッサージも受けられる。

営業時間 16:30〜20:00  料金 サウナ:10,000kip マッサージ:30,000kip(9:00〜20:30)
 
 
 以下は郊外の観光名所です。交通手段はトゥクトゥクのチャーターまたは乗り合いで向かうか、旅行代理店でツアーに申し込む形になります。トゥクトゥクはホテル前、通りで待機しています。また船着場入り口に露天のツアー申込所とトゥクトゥクチャーター手配所MAP-a-C1)があります。
パクオウ洞窟 Pak Ou Caves と サンハイ村 Ban Xang Hai
  王宮博物館の桟橋より船で約2時間、メコン川をおよそ35km遡る。16世紀にセ タティラート王により発見されたといわれ、洞窟内には人々が運び込んだ4000体 以上の仏像が安置されている。
 パクオウ洞窟と一口に言っても、実は二つの洞窟がある。崖上にあるタムブン洞窟、崖下にあるタムティン洞窟からなる。どちらも仏像があるがタムティン洞窟の方が数が多く破損が少ない。二つの洞窟の間には通路と階段があって歩いて移動できる
 
  サンハイ村はラオス焼酎「ラオラーオ」造りで有名な村。醸造の見学や試飲ができる。市内からパクオウ洞窟の間にあるため、ツアーのほとんどはパクオウ洞窟とサンハイ村の観光はセットになっている。

スローボートツアー 70,000kip/人 洞窟入場料別  8:30出発 13:00戻り
船酔い等の理由でボートを避けたい方は乗り合いミニバンがあります。
MINIVAN 70,000kip/人 洞窟入場料別  8:30出発 13:00戻り

パクオウ洞窟 開場時間 8:00-17:00  入場料 20,000kip
 
川下り(カヤッキング ラフィティング)、トレッキング、他アドベンチャー
 アドベンチャーツアー企画に特化し、実績があるのがグリーンディスカバリー MAP-a-C2タイガートレイル 本店(MAP-a-A2MAP-a-C2)。それぞれルアンパバーン及びその周辺地域でのカヌーによる川下り(カヤッキング)、ゴムボートでの川下り(ラフィティング)、エコツーリズム、トレッキングなどのアドベンチャーツアーを催行している。申し込みは各社のホームページから直接行うか、現地で。
 
クアンシーの滝 Tad Kuang Si Waterfall

 市内から南、30kmほどメコン川を下ったところにある滝。滝つぼで泳ぐ観光客もたくさんいる。泳ぐ方は水着を忘れずに。
トゥクトゥク チャーター 200,000kip/台   乗り合いミニバン35,000kip/人(帰りにモン族の織物の村に寄る)   乗り合いトゥクトゥク30,000kip/人
開場時間 9:00-18:00  入場料 20,000kip

 
タートセーと象乗り Tad Sae Waterfall&Elephant Riding
 市内から東、15kmほどカーン川を下ったところにある滝。落差はそれほどではないが雄大で美しい滝である。川で泳ぐ観光客もいる。泳ぐ方は水着を忘れずに。
  滝の入口に象乗り場がある。象に乗って滝つぼや緑が美しい滝周辺を散歩することができる。お客さんが多いと象のショーが見られます。バナナが売っており象に直接食べさせることもできる。

滝の手前に川があり、トゥクトゥクは駐車場までしか行きません。
川は小型エンジンがついたボートで渡ります。

トゥクトゥク 150,000kip   ボート 2人以上なら往復10,000kip/人
入場時間 9:00−17:00 入場料:15,000kip/人    象乗り:150,000kip/人

 
 
(C)2010 http://www.e-guide-books.com/lpq/