■姉妹サイト
■地図
 パタヤ広域地図(トップ)
 ジョムティエン広域地図
 
■ホテル情報
 パタヤホテル一覧表
 ジョムティエンホテル一覧表
 
■基本情報
 パタヤについて
 パタヤへの行き方
 パタヤの交通
 緊急連絡先
 
■観光情報
 お勧め観光スポット
 レストラン
 ショッピング
 
LINK
 
 
       パタヤ(PATTAYA)について

  バンコクの東南約150kmに位置し、バスで約2時間30分。タイの主要なビーチリゾート地の一つですが、 日が暮れると街はネオンがきらめき、妖しい街に変身します。


  1960年代、ベトナム戦争のアメリカ帰休兵の受け入れ娯楽地として、静かで美しい漁村は変貌する。
以来、欧米人のアジアの代表的なバカンス地として多くの観光客が訪れるようになった。
 最近は日本人の個人旅行者、中国人などの団体客も多く訪れるようになりました。

 パタヤの海は綺麗ではないが、ビーチ一面にパラソルがならびビールを飲みながら日光浴を楽しんでいる観光客の姿が見られる。
また、パタヤの南側にはジョムティエン・ビーチがあり、ウインドサーフィン、パラセイリング、ジェットスキーなどのマリーンスポーツが盛んです。ジョムティエン・ビーチはナイトスポット少ないので純粋にビーチリゾートを楽しみたい人にはお勧めです。
 この、町の凄いところはビーチリゾートだけではなく、アメリカ帰休兵の受け入れ娯楽地として発展した為に町全体がナイトスポットと化しています。
 街のあちこちにビアーバーがあり、ゴーゴーバー、パブもたくさん見られます。

 
  ロイヤル・ガーデン・プラザ、マイク・ショッピング・モール、セントラルフェスティバル・パタヤビーチ等のショッピングセンターもあり、土産屋もたくさん出店しているので買い物も楽します。

  パタヤはパタヤ湾に平行して走る「パタヤ・ビーチロード」、「パタヤ・セカンドロード」がメインストリートとなります。このメインストリートを北から「ノース・パタヤロード」、「セントラル・パタヤロード」、「サウス・パタヤロード」が東西に走っています。「パタヤ・ビーチロード」の終点で「サウス・パタヤロード」を横断すると、パタヤでもっとも賑やかな歩行者天国の「ウォーキング・ストリート」があります。
 
 メインストリートもエリアによって、大まかな特徴があります。北側の「パタヤ・ビーチロード」は高級リゾートホテルが多く比較的静かです。「ウォーキング・ストリート」も含めた南側はショッピングセンターもあり、ナイトスポット、レストラン、中級ホテル、土産物屋が集まり夜から朝まで人で溢れ賑わっています。
  
  パタヤはビーチリゾート、マリーンスポーツ、ショッピング、ナイトスポットと揃っており、楽しい街になっています。
バンコクの近くにあるので、時間があれば訪れて下さい。


○気候と服装
 一年中、常夏のイメージのパタヤですが、気候はバンコクとほとんど変わりはありません。
乾季(11〜3月)

20〜30℃。湿度50%前後で爽やかな晴天が続き雨もほとんど降りません。

暑季(4〜5月) 30〜40℃。この頃になると徐々に気温と湿度が上昇し朝から猛烈な暑さで夜になっても気温は下がりません。後半は天候が不安定で毎日の様にスコールが降ります。
雨季(6〜10月) 25〜35℃。 気温は暑季よりも下がりますが、夕方にはスコールに降ることが多く湿度が上がります。

 バンコクでの服装のままで十分です。しかし、パタヤへバスで向かう場合は車内はエアコンが冷えすぎている場合があります。バス内には毛布が用意されていません。冷え性の方は一枚、羽織るもを用意されたほうが良いと思います。