■姉妹サイト
■地図
 パタヤ広域地図(トップ)
 ジョムティエン広域地図
 
■ホテル情報
 パタヤホテル一覧表
 ジョムティエンホテル一覧表
 
■基本情報
 パタヤについて
 パタヤへの行き方
 パタヤの交通
 緊急連絡先
 
■観光情報
 お勧め観光スポット
 レストラン
 ショッピング
 
LINK
 
 
パタヤ市内の交通
 
○ソンテウ
 パタヤでの移動手段の中心はソンテウ(ピックアップトラックに屋根とベンチを付けた乗り合いタクシー)です。パタヤビーチロード、パタヤセカンドロードを中心にたくさんの紺色のソンテウを見ることが出来ます。
 運賃は近距離で5バーツ、外国人とみられると10バーツである。
ソンテウを止める時は手を挙げる。止まったらソンテウの運転手に行きを先を告げます。この時に値段も確認しておきましょう。運賃は後払いです。
50B、60Bと吹っ掛けてきたら、 ソンテウが走るコースが外れているかボッタクリの可能性があるので断って別のソンテウを探しましょう。
  (ビーチロード、セカンドロードでバスターミナル行きのバスを探すと平気で100Bと言うドライバーがたくさんいます。バンコク−パタヤのバス運賃と変わりません。こんなドライバーがほとんどなのでパタヤのソンテウは好きになれません。)
 納得のいく料金のソンテウが見つかってから座席に乗りましょう。目的地に着いたら天井にブザーを押すスイッチがあるのでスイッチを押してます。ソンテウが停車しますので、後続のバイクに注意しながら降りましょう。助手席側から運転手に運賃を払います。
 
 
○モトサイ(バイクタクシー)
 パタヤビーチロード、パタヤセカンドロードのsoiの入り口、ホテルの前、ショッピングセンター、バスステーション等で待機しています。バンコクと同じくオレンジ、赤のベストを着ているのですぐわかります。
パタヤビーチロードは時間帯により大渋滞します。こんな時には便利です。
料金は交渉制です。近距離はソンテウと比べたら割高ですが、ソンテウのルートから外れた地域に行くときは逆に安い場合もあります。ちなみにサウスパタヤ寄りのセカンドロードからバスステーションまで40Bでした。
 ヘルメットを用意してあれば必ず被るようにしましょう。赤信号の交差点で停車中の車を追い越す時に膝は広げていると接触する可能性があるので注意しましょう。
 
 
○レンタルバイク
 街に無数にあるレンタルバイク店、ゲストハウスで借りることが出来ます。ソンテウの面倒な交渉をせずとも、自由に何処にでも何時でも移動できる便利な交通手段がレンタルバイクです。スクーターの運転を経験ある方にはお勧めです。
 
Montra
バスターミナルから1km弱の場所にある。MAP-a2-B3

7:00-0:00営業  

TEL 085-4450429、085-4325384、080-0967768

オートマチック車  @200/一日
 
・サウスパタヤ寄りのビーチロード、セカンドロード、soi 13/3 13/4を中心に街中でレンタルバイク店があります。オーバー1000ccクラスの大型バイクから小型バイクまでたくさんのバイクが並んでいるのですぐにわかります。
 
 レンタル 1日(24時間)の料金
110ccの小型バイク(ノークラッチのロータリギア、カブと同じ) 150B〜200B。
スクータモデル(110ccの車体より一回り大きい、完全なオートマチック) 200B〜300B。
2日以上のレンタルなら一日あたりの単価が安くなります。
2日間なら600Bの所を500B。3日間なら900Bのところを600B等、長期間、レンタルすればするほど一日あたりの単価が安くなります。
 上記は参考価格です。店によって、レンタル料も 大きく違います。上記の金額よりも大幅に高い金額を提示されたら別の店に行きましょう。

 パタヤ市内の運転なら、バイクマニア以外の方は小型バイクかスクーターで十分です。車体が小さいほうが小回りが利き、細い路地も入れるので運転はラクです。

 手続きはパスポートの提示。デポジットとしては現金で1000Bかパスポートを預けます。
契約書に氏名,国籍,滞在ホテル名(チェックインしていなければ宿泊予定ホテル名、デポジットでパスポートを預けた場合にパスポートのコピーを用意しておきましょう。ホテルチェックイン時に必要です。),ルームNo等の必要事項を記入して、サインをしてOKです。

※注意点
・国際免許書の提示は必要ありません。無免許でも運転しようと思えば出来ますが、もし、事故を起した場合を考えて必ず用意しておきましょう。
・レンタルバイクは保険が付いていません。事故、盗難には十分注意が必要。万が一を考えてレンタルバイクで起した事故、盗難に適用される旅行保険に加入をしておいた方が良いと思います。

 ヘルメットは貸してくれるが、正直かっこ悪く、不潔です。だからと言って被らないとパタヤではノーヘルの取り締まりは厳しいので捕まります。なによりも自分の安全の為です。絶対に被りましょう。

  レンタルバイクの燃料はほんの僅かしか燃料が入っていません。レンタルしたら早めに燃料の給油をしましょう。 返却時にはタンクを満タンする必要はありません。借りた時と同じ空寸前での返却でかまいません。燃料を入れる際は自分の走行距離を考えて空寸前になるように計算して給油しましょう。
  レギュラーガソリンは30〜35B/1Lです。給油単位はリットルではなく、何十バーツという単位です。最低給油単位は50Bからです。2L弱でも相当な距離を走れます。1日のみのレンタルなら50Bで足りると思います。 

 夜間の駐車はハンドルロックを忘れずに、南京錠も貸してくれるのでディスクブレーキの穴に必ず施錠しましょう。出来たらスタッフの目が届く駐車場が有るホテルなら安心です。

 タイは日本と同じ左側通行です。日本でスクーターを乗った事がある方にはレンタルバイクはお勧めです。 ソンテウやモトサイの交渉をいちいちしなくて済み、ジョムティエンビーチ、パタヤの南側の丘にあるワット・プラ・ヤイ、ワット・カオ・プラ・バートにも気軽に行けます。狭いようで広いパタヤ、行動範囲が広がります。ただし、最悪の場合を想定して免許と保険は必ず用意しておきましょう。